借金まみれのボクが、3年で1000万円を貯めた話

ワレの頭くりぬいて貯金箱にしたろか?

節約

4・5・6月に残業をすると給料が減る!って知ってる?|後編

投稿日:

money_z03

社会保険料はどうやって決まる?

社会保険料のなかの「厚生年金保険料」と「健康保険料」は毎月一定で、先に説明したように4〜6月の給与で決まります。

7月の「定時決定」にて毎月の社会保険料の金額である「標準報酬月額」が決まり(給与額に大きな変動があった場合をのぞき)9月〜翌年の8月までの一年のあいだで適用されます。

この「標準報酬月額」は、4~6月の3ヶ月間の給与を3で割った額(つまり平均値)を基にして決定されます。

…では、具体的にこの社会保険料をなるべく安くし、月の手取り金額が減らないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか?

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

残業・休日出勤などの「手当」に注意!

moneyaa05
ここまでお読みいただければご理解いただけたと思いますが、要するに4〜6月の3ヶ月間の報酬(労働の対価として受け取るお金)が増えてしまうと、

その後一年間に給与からひかれる社会保険料(厚生年金保険料と健康保険料)が増えるので損をしてしまうのです。

場合によっては年間で数万円も手取りが減ってしまう…なんてこともザラです。

なので“この3ヶ月間だけは報酬をなるべく抑えたほうがいいよ!”ということですね。

具体的にどう報酬を抑えるのかと言うと…まずはよく言われているように「残業代」を少なくするのがいちばん調整しやすいかなと思います。

あとは「休日出勤」などに手当がある場合は、この期間だけは控えたほうがいいかも知れません。

そのほかも、「皆勤手当」「役職手当」「家族手当」「通勤手当」「住宅手当」…なども報酬に含まれます。

自力でコントロール可能な諸手当などがある場合はなるべく抑えるように工夫してみてください。

ちなみに「出張手当」「出張旅費」「退職手当」…などは報酬に含まれません。

デメリットだけでなくメリットもある!

money010
最後に…
ここまでさんざん書いてきて何ですが、実は「4・5・6月に残業をすること」はデメリットだけではありません。メリットもあります

例えば、「厚生年金保険料」はより多く納めておくことで将来に受け取る年金が増えますよね。

年金額を自力で増やすのってなかなか難しいので、微々たるものとは言え頭の片隅には置いておくようにしましょう。

絶対もらえる1万8千円分のポイント選べるギフト全員プレゼント!!

保険のビュッフェに無料相談すると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に「選べるギフト」がもらえちゃう総額1億円キャンペーンを実施中!

無料の保険相談をすると…全員に「選べるギフト」総額1億円分をプレゼント★高級牛肉・スイーツ・カニ・家電などがもらえる!
▼こちらから相談の予約▼

▲かんたん5分で予約完了▲
相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

リンクユニット広告

リンクユニット広告

-節約

Copyright© ワレの頭くりぬいて貯金箱にしたろか? , 2020 AllRights Reserved.