借金まみれのボクが、3年で1000万円を貯めた話

ワレの頭くりぬいて貯金箱にしたろか?

貯金術

パンダでもわかる株講座|株を買うには?

投稿日:


HOME はじめての株式投資 > パンダでもわかる株講座|株を買うには?


■パンダ1


こんにちは![さんちょ]です。

さて、前回の記事では株とは何であるか?を基礎から学びました。
今回は実際に株を買うため予備知識と流れを説明させていただきます。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

さあ、「株」を買おう!

以前の記事(まずは株式投資の用語やルールを理解しよう!)でも少し触れましたが、
株は「証券取引所」というところで取引されます。

証券取引所は会員である証券業者しか取引ができないので、われわれのような個人投資家は「証券会社」を通して株の売買をおこなうことになります。

ちなみに、国内でもっとも大きな「東京証券取引所」をはじめ、ほかにも名古屋・札幌・福岡などに加え、東京証券取引所が運営するベンチャー企業向けのJASDAQ(ジャスダック)、マザーズなど合計10カ所が存在します。

取引を行える時間は、午前9時から11時30分、午後12時30分から3時までの間です。

私たちが株を買う場合は、まず証券会社に口座を開設します。身分証明書と印鑑さえあれば比較的カンタンに開設することができます。

証券会社はどこにすべき?

ではわれわれの窓口となる「証券会社」はどこにするべきかですが、これはいろいろオススメがあるのでまた別の機会にでも詳しくご紹介させていただきます。

ただ、普通の会社員の場合、本業の忙しい中でPC・スマホなどで情報収集や取引をおこなうスタイルになると思いますので、「ネット証券」と呼ばれる証券会社がいいと思います。

ネット証券には「5大ネット証券」と呼ばれている証券会社があり、「マネックス証券」「SBI証券」「楽天証券」「松井証券」「カブドットコム証券」が有名です。初心者の方はこれらの証券会社で口座開設するのが良いと思います。

「株」はいくらあれば買える?

では、株って一体いくらくらいなのでしょうか?
1株あたりの値段については、高いものですと1株1万円以上というものもありますし、安いものは1株50円以下というものもあります。

ただし1株50円だからと言って、50円で株主になれるわけではありません。各銘柄には「最低売買単位」というものがあります。例えば1株500円の企業があるとして、最低売買単位が300株に設定されていれば、500円×300株で最低限必要なお金(最低投資金額)は15万円となります。

最低売買単位については「100株」に設定されている企業が多いようですが、最近では最低投資金額を下げて、たくさんの人が投資しやすくしている企業もあります。

ちなみに最近の時事通信の調査では、東証1部上場企業で株式を購入する最低投資額の2013年末の平均は32万円程度になっているようです。

また、株の売買には証券会社の「手数料」がかかるので注意しましょう。

株の売買の仕方は?

こちらも以前の記事で触れていますが、株の売り買いの注文をするには、以下の2つの方法があります。

成り行き(なりゆき)注文
 ・・・いくらでもいいのでこの株をこれだけ買いたい(売りたい)という注文の仕方。
 ・・・すぐに取引が成立。

指し値(さしね)注文
 ・・・この値段でこれだけ買いたい(売りたい)という注文の仕方。
 ・・・指定した値にならない限りは購入(売却)できない。

指定した注文が有効となる期間は、証券会社によって自由に決められます。

「当日中」や「今週中」が通常ですが、最大1ヶ月などもあるようです。

さて、次回は「株価」についてのお話です。

東大生が書いた世界一やさしい株の教科書 (PHP文庫)

新品価格
¥600から
(2014/1/31 22:33時点)


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

リンクユニット広告

リンクユニット広告

-貯金術

Copyright© ワレの頭くりぬいて貯金箱にしたろか? , 2019 AllRights Reserved.