保険 保険見直し

自動車保険を見直したら5万円も安くなった話|後編

投稿日:


一覧表でじっくりと比較検討しよう!

前回の記事で後悔した比較表は以下の通り。
新しい画像

一見するとチューリッヒが安いようですが、「搭乗者傷害」の条件に違いがありますね。また「車両保険」の金額に差がありますが、逆にそれ以外はほとんど条件に差はありません。また、今回はこのまま「オンライン契約」をしたいので、SBIとセゾンは選択肢から外します。

保険料の節約のために「対物賠償」の金額を落とす(対物賠償の判例では1億円以上の賠償金額となった例はごくわずかで、大半は1千万円台のため)という選択肢もありますが、ちょっと決心がつかなかったため今回は無制限のままにすることにします。

保険料金に大きく差の出る「搭乗者傷害」については、いろいろと考えた結果、今回は0円を選択しました。

そのほか、各保険会社ごとに「クレジットカード払い割引」「運転者の年齢による割引」「家族による運転に限定した割引」「一括払い(月払い12回を年払い1回にする)割引」などの割引条件に差がありますので、じっくり各保険会社の補償内容を確認しながら比較検討しましょう。ちなみに私は今回、クレジットカード決済での一括払いを選択しました。

前回の内容との変更部分は?

いろいろと検討した結果、以下の内容で保険内容を変更しました。

前回 今回
保険会社 三井住友海上 アメリカンホーム・ダイレクト
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
人身傷害 5,000万円 3,000万円
搭乗者傷害 1,000万円 0円
車両保険 145万円 105万円
支払方法 銀行口座からの自動引落 クレジットカード決済
払込回数 12回(分割月払い) 1回(一括払い)

【まとめ】5万円も安くなった!

最終的にアメリカンホーム・ダイレクトで本申込みを行い、年間支払額は12.5円 ⇒ 7.2万円まで安くなりました。実はもっと安い保険会社があったのですが、電話で不明点を質問した際にコールセンターの方の印象がすごく良かったので、「実際に事故を起こした時の対応も良さそうだなぁ」と感じアメホを選びました。

その金額差はなんと5.3万円!!家族で温泉旅行にでも行けちゃうくらいの節約になりました。いや~、見直しして良かった!

自動車保険を契約されている方の中には、なんとなく今の保険を継続してしまっている方も多いと思います。しかしちょっと見直すだけでも大きくコストカットできる場合もございますので、ぜひ次回更新時には見直しを検討してみてください!!

[今回使用した比較サイト]
自動車保険の一括見積もり(無料)
最大21社にまとめて見積もりが可能

保険スクエアbang!自動車保険比較

最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

リンクユニット広告

リンクユニット広告

-保険, 保険見直し

Copyright© ワレの頭くりぬいて貯金箱にしたろか? , 2019 AllRights Reserved.